トップページ > カテゴリから探す > 観る > 歴史・文化 > 宗像大社 神宝館

宗像大社 神宝館

更新日:2015年03月30日

神宝館

神宝館は、宗像大社の本殿脇にあり、昭和55年、神の島とも呼ばれる沖ノ島で行われた古代祭祀遺跡の発掘調査により発見された、4~10世紀頃のものと見られる12万点もの奉献品を収蔵・展示するために開館されました。
 沖津宮祭祀遺跡出土品に加え沖ノ島祭祀遺跡出土品全てが追加で国宝に指定され、これによって約8万点の展示品が国宝となりました。その他の展示品についてもそのほとんどが重要文化財として指定されています。展示品すべてが古事記にも唄われている神々への奉献品で、学術的にも高く評価されています。

名称

神宝館(神宝館)

住所

宗像市田島2331

ホームページ

http://www.munakata-taisha.or.jp/html/shinpoukan.html

電話番号

0940-62-1311(代表)

ファクス番号

0940-62-1315

開館時間

午前9時から午後4時30分(最終入館午後4時) 

入場料

団体割引あり(15名以上)
大人 500円(1名につき)
高校・大学生 300円(1名につき)
子ども(中学生以下)200円 (1名につき)
幼児 無料

  • 外観

    神宝館の外観。

  • 本殿へ続き道

    神宝館を出て左へ行くと宗像大社の本殿(辺津宮)へ続く道がある。

 

沖津宮祭祀遺跡出土品(重要文化財)

三角縁神獣鏡などの多くの鏡をはじめ、儀式用の幡などを下げる「金銅製龍頭」や陶器「唐三彩長頸瓶」など中国製の文物も展示しています。そのほか朝鮮半島の新羅(しらぎ)で作られた「金製指輪」やササン朝ペルシャ製のカットグラス片などもあり、歴史資料が多数そろっています。千数百年も眠り続けた秘宝を一堂に展示しています。その他、桃山時代から江戸時代にかけて宗像大社へ奉納された三十六歌仙図扁額の特別公開や御祭神へ奉納された刀剣を特別公開する展覧会など、1年のうちの一定期間「神宝館特別展」も行われていますので期間をこちらで確認の上、足を運んでみては。

  • 三角縁神獣鏡

    中国の魏時代の漢式鏡「三角縁神獣鏡」

  • 金製指輪

    朝鮮半島の新羅(しらぎ)で作られた「金製指輪」

 

 

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。