トップページ > カテゴリから探す > 観る > 歴史・文化 > 織幡神社

織幡神社

更新日:2017年02月21日

織幡神社

織幡神社は古くから鐘崎の人々から親しまれてきた神社で、神事ごとには必ず織幡神社を訪れます。その歴史は古く、宗像大社沖津宮、中津宮、辺津宮の三宮、鎮国寺とここ織幡神社を「宗像五社」とされ宗像地域では古くから宗像大社に続いて朝廷の尊崇が厚かったそうです。 本社には本地如意輪観音がお祀りしてあり、これは武内大臣のご霊神とされています。 また神功皇后が三韓出征の際に赤白二旗の旗を織って、これを宗像大菩薩の竹竿につけられたので、織旗と名付けられたと言われています。その後異族襲来の際に、海浜守護のため、海浜に鎮座されたということです。


 

 

所在地
宗像市鐘崎224
電話番号
0940-36-0037(商工観光課)

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。