トップページ > カテゴリから探す > 観る > 歴史・文化 > 八所宮

八所宮

更新日:2017年02月21日

八所宮

“いざなぎのみこと"ほか夫婦神四代八柱をお祀りしている八所宮(はっしょぐう)は神武天皇のご神託で674年より現在地に祀られています。神武天皇が日向国から大和国に東征する途中、祭神が赤馬に乗って現れ、道案内されたとされ、人々はこの辺一帯を「赤馬(あかま)」と呼ぶようになります。それを起源として、現在の「赤間」という地名となりました。また、例年行われている八所宮秋期例大祭は有名で、約200年の伝統を持つ古式大名行列が午後10時から翌2時まで行われます。現在では、神社の一角にキャンプ場があるため、アウトドアスポットとしても有名です。


 

 

所在地
宗像市吉留3186
電話番号
0940-33-4467

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。