メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 特集 > 素材にこだわりパンを焼く 宗像で人気の小さなパン屋さん

素材にこだわりパンを焼く 宗像で人気の小さなパン屋さん

更新日:2021年09月10日


いつも食べるパンだからこそ、その素材にこだわるベーカリー。
目立たない場所にありながらも、知る人ぞ知る宗像市で人気のパン屋さんを紹介しよう。


terracotta


ガラスケースに並ぶ美パンの数々…
パン選びに悩むほど幸せな事はない


国道3号「冨地原」の交差点から赤間病院へと入った県道沿いにある人気のパン屋さん。「bienvenue(! ようこそ!)」と入り口に掲げられた小さな看板。その下の青い扉を開けると、中にはとても可愛らしい木枠のガラスケースにたくさんのパンが並んでいる。

a.jpg    b.jpg


野菜素材には困らない宗像らしく地元野菜がごろごろ詰まったパンや、チーズもベーコンもはみ出んばかりのワインのアテにぴったりなパンなど、何にしようか迷ってしまう。店内は次から次へと客が増え「お先にどうぞ」と譲り合う…そんな光景もまたこの店ならではのシーンだ。


c.jpg    d.jpg


宗像育ちのご主人・堀田進さんは、薬院にあった名店「ダム・ド・フランス」のウイヨー・アンドレ氏の下で修行したという。「直売所で売ってる野菜や果物を見てその場でどんなパン作ろうか考えます。バゲットは手ごねにこだわってバリバリと煎餅みたいに食べられるようなバゲットを焼いています」

e.jpg    f.jpg


店の前から見える城山からは、金山、孔大寺山、湯川山へ連なる「宗像四塚」と呼ばれる人気の登山スポット。近くを流れる釣川の眺めも良い。『terracotta』でパンを買って、こんな自然の風景眺めながらパンランチを楽しむのもいいね。


g.jpg


terracotta /テラコッタ

[住所]宗像市石丸1-7-28
[電話]0940-33-3053
[営業]10:00~18:00
[定休]日曜、第1・3月曜
(注)写真は2019年1月に撮影されたものです。写真に写っているパンや価格は変更されている場合があります。



トヰチ屋


歯応えしっかり、自然な旨味たっぷり
天然酵母にこだわるデイリーなパン屋さん


JR赤間駅前ロータリーから一つ奥に入った静かで控えめな場所。中を覗くと2人も入れば一杯になってしまうほどのスペースしかないが、木枠のガラスケースの中に美味しそうなパンが勢ぞろいしていた。

h.jpg    i.jpg


宗像クリームパン、自家炊きあんぱん、よもぎあんぱん、きび糖メロンパン、砂糖、ミルク、油脂などまったく使わない「全粒粉パン」もある̶̶店に並ぶパンは40種類ほど。天然酵母パン特有の弾力感のある噛み応えと鼻に抜ける国産小麦の薫り。餡もクリームも手作りだから甘さもナチュラル。


j.jpg    k.jpg


宗像産の卵を使った「宗像クリームパン」は、きび砂糖の色が出た黄褐色の自然な色合いのクリームがぽってり詰まって味も濃密。「チョココルネ」は、濃厚な自家製チョコクリームとしっかりしたパン生地で人気がある。クロワッサンの余り生地から生まれた3種類のクラッカーもザックザクの歯ごたえがたまらなく美味しい。


l.jpg    m.jpg


店主・遠山由香さんの実家は餅製造業だったらしく、実はあんぱんに詰まっている美味しい餡子はお母さんの手作りだとか!『トヰチ屋』は「10日に1度はパンを買いに来て欲しい」との願いが込められた店名。こんな店が近くにあったら10日に3度は通っちゃうけどなぁ。


n.jpg


トヰチ屋(といちや)

  [住所]宗像市赤間駅前1-5-5
[電話]0940-35-5575
[営業]7:00~16:00(売り切れ次第閉店)
[定休]火・金曜
(注)写真は2021年4月に撮影されたものです。写真に写っているパンや価格は変更されている場合があります。


IRUMA

わざわざ行きたくなる
日曜のみ営業の島のパン屋さん


大島に、日曜にしか開かない噂のパン屋があると聞いて島に渡った。海岸通りを西へ5分ほど歩くとクリーム色の一軒家にパンの旗が立っていた。訪れたのは午後14時過ぎ…ほとんど売り切れていたが残り物にも福はある。

o.jpg    p.jpg


おかげで「ちょこバナナ」と「コーヒーロール」の素敵なパンに出逢った。バナナ1本まるごとコッペパンで挟んだ「ちょこバナナ」。バナナの奥はチョコクリームがた~っぷり。 「コーヒーロール」は、コーヒークリームを練りこんだ艶やかな焼き色に白いりんかけが食をそそる。


q.jpg     r.jpg


お店の名前は『IRUMA(イルマ)』。意味を店主に聞くと「苗字を逆さまにしたんです」と照れくさそうに教えてくれた。店主のお名前は丸井志磨子さん。ここは丸井さんが生まれ育ったご実家で、週末になると島に帰って日曜だけパン屋を開いているんだとか。

s.jpg     t.jpg


朝10時になると島に住むお客さんがわっと来て30分ほどでほとんど売れてしまう。客はみんな家族か親戚の様に挨拶を交わす仲。だからパンの素材もできるだけ体にいいものを使おうと決めている。しっとりして美味しい食パンは宗像の牧場で搾乳された新鮮なミルクを使うとか。午後はゆっくりコーヒーも飲めるので、ここで島の午後をまったり満喫したい。


u.jpg


IRUMA(イルマ)

[住所]宗像市大島1832
[営業]10:00~17:00
[定休]月~土曜(日曜のみ営業)
(注)写真は2020年7月に撮影されたものです。写真に写っているパンや価格は変更されている場合があります。
pagetoppagetop