メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 世界遺産

世界遺産

  • 神宿る島

    平成29年7月、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が
    ユネスコ世界遺産委員会において世界遺産に登録されました。

沖ノ島

  • 沖ノ島

太古からの信仰が受け継がれる歴史的な価値に世界が注目

玄界灘に浮かぶ周囲約4キロの孤島は、宗像三女神の 長女神である田心姫神(たごりひめのかみ)を祀る沖津宮が鎮座しています。この島で出土した約8万点にも及ぶ神宝 は全て国宝に指定され、「海の正倉院」ともいわれています。一般の上陸は禁止されており、神職が10日交代でたった一人で奉仕するなど、さまざまな掟を今に守っています。

世界遺産登録後は一般人の立ち入りが全面禁止になっています。

宗像大社沖津宮遥拝所・中津宮(大島)

  • 中津宮・遥拝所

神話の時代より国家鎮護を祈る沖ノ島に最も近づける場所

島の北側には「沖津宮遙拝所」があり、渡島できない沖ノ島に対し、ここから拝むことができます。また「中津宮」は宗像三女神の次女神である溜津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られており、海を隔てた九州本士の辺津宮と向かい合って鎮座しています。

沖ノ島にもっとも近い「沖津宮遙拝所」。 「寛延三年 (1750年)」と刻まれた石碑があり、18世紀中頃にはここに遥拝所があったこと を示しています。

宗像大社辺津宮・高宮祭場

  • 宗像大社辺津宮

宗像三女神が君臨したと伝わる聖地

多くの人が崇敬する三宮の総社

「辺津宮」は、宗像三女神の末女神である市杵島姫神(いちきしま ひめのかみ)が祀られています。また社殿を抜けると宗像三女神の降臨地とされる、全国でも数少ない古代祭場である「高宮祭場」があり、今も神事が行われています。

  • 世界遺産海上マップ
pagetoppagetop